成績をあげたければ睡眠時間を絶対に削るな!

寝不足というのは学習の最大の敵です。睡眠時間を削って勉強するという人が少なくありませんが、これは絶対にNGです。寝不足の状態で幾ら学習時間を増やしても意味はありません。

 

睡眠不足

 

本人は勉強しているようでも、実際はそれほど効果がありません。眠い目をこすって3時間勉強するよりも、たっぷり寝てスッキリした状態で30分勉強したほうが、遙かに身になります。

 

『勉強しなきゃ!』と思う時ほど、まずは睡眠時間を確保するようにしてください。

 

適切な睡眠時間は人によって違う

ただし、必要な睡眠時間というのは個人差があります。5時間寝れば十分な人もいれば、10時間寝なければいけないという人もいます。(実はアインシュタインのような天才肌の人に、長時間寝なければもたないという人が多いんです。)

 

1日7時間は確保する必要があるといった話がありますが、これは一般論です。誰にでも当てはまるわけではないので、自分に合った時間を知る必要があります。

 

これは決して難しいことではありません。昼間、眠くならなければ、夜にしっかり寝ている証拠です。昼間、眠気がくるという人は睡眠時間が不足していると考えてください。ただし、お昼を食べた後、眠くなるのは生理現象なので、仕方がありません。

 

これは睡眠不足とは違うので、分けて考えてください。(余談ですが、20分ぐらいの昼寝をする習慣をつけると、活力が湧いてきて精力的に活動出来ます。)

 

なお、適切な時間というのは、環境によっても違ってきます。もし、あなたが運動系の部活をしていて、毎日何時間もハードな練習をしているとなると、多くの睡眠を必要とするはずです。

 

プロの野球選手やサッカー選手だと、10時間以上寝ている人が少なくありません。それぐらい、運動はエネルギーを消耗するので、回復するために普通の人より長く寝る必要があります。

 

肉体的な疲れを回復させるには休むしかありません。そのため、無理に時間を減らすと慢性的に疲れた状態になってしまうので、健康的にもマイナスです。

 

十分な睡眠をとってください。その結果として勉強時間が減ってしまうのは仕方がありません。そのかわり、30分ぐらいの短い時間でもいいので、出来る範囲内で少しずつ勉強するようにしてください。

 

少しずつでもいいので、毎日勉強すれば必ず成績は上がります。

 

寝過ぎもダメ

ちなみに、人は寝過ぎても、頭がボーッとして脳が働きません。こういった状態で勉強しても身にならないので、注意してください。

 

また、睡眠というのはそれ自体が体力を使う行為なので、寝過ぎると疲れて、さらに眠くなります。そのため、何かの原因で眠りすぎが癖になると、それが疲労を生んで、さらに眠くなるという悪循環にハマッてしまいます。

 

もし、そんな状態になったら、強制的に睡眠を減らしてください。数日もすれば、元通りになります。もし、それでも治らないという場合には、病気かもしれません。一度、病院(内科)を受診することをオススメします。

 

朝型と夜型で寝るタイミングを変える

睡眠に絡んでくる話として、いつ寝るのかというタイミングも大切です。

 

夜はさっさと寝て、朝早く起きて活動したほうが良い朝型と、朝遅めに起床して、夜遅くまで起きていたほうがいい夜型に人間は分かれます。

 

あなたがどちらのタイプなのか判断するには、下記の基準を参考にしてください。

 

朝型

  • 午前中から午後3時に勉強や仕事がはかどるタイプ。
  • 午後三時より前に体温が最も高くなる。
  •  

    夜型

  • 午後3時から夜にかけて勉強や仕事がはかどるタイプ。
  • 午後三時より後に体温が最も高くなる。
  •  

    朝型の場合には、思いきって夜22時ぐらいには寝て、朝5~6時に起きて勉強するというのがオススメです。

     

    夜型の場合には、朝必ず起きて学校にいかなければいけないので、調整が難しいのですが、私の友人は学生時代、夕方、学校から帰ってきたら2時間ぐらい寝て、そこから活動開始。夜の2~3時ぐらいまで起きて、それで朝7時ぐらいまで寝るといったリズムで生活していました。

     

    ちょっと特殊な例ですが、こうやって仮眠を取ることで、夜遅くまで起きていても、日中元気に動くことが出来るということで、参考例としてお伝えしておきます。

     

    昼寝は勉強効率を大幅にアップさせる

    先ほども少し触れましたが、昼寝は頭をリフレッシュし、学習能力や記憶力を大幅に高めてくれます。お昼を食べた後、15~20分ぐらい寝るのは、極めて効果的です。寝ることが出来る環境であれば、ぜひ昼寝を取り入れてください。

     

    また、昼寝をすることで、多少、夜の睡眠を減らしても平気になります。

     

    進学校のなかには、昼寝の時間を取り入れているところも出てきているので、近い将来、みんなで昼寝をするようになるかもしれないですね。

     

     

    当サイト管理人『ぽくぽく』がオススメする家庭教師派遣センター

    当サイトの管理人がオススメする家庭教師をご紹介します。私自身、家庭教師や塾講師として子供を教えてきた経験を踏まえて、最も学習効果が高いと感じた業者をリストアップしています。

     

    • 家庭教師のデスクスタイル

      家庭教師のデスクスタイル

      学力が劣る生徒、学校の勉強についていけない生徒を指導することが多いため、勉強が苦手な生徒を伸ばすためのやりかたに熟知している。子供に勉強する習慣を身につけさせたいというご家庭にオススメ。

    • 家庭教師のガンバ

      家庭教師のガンバ 通常の指導以外にも毎日、電話やFAXで質問することが出来たり、模擬テストや夏期講習を行うなど、サポート体制が充実している。塾と家庭教師の良いとこ取りが出来る。

    • 家庭教師のノーバス

      家庭教師のノーバス

      。学校の教科書、予備校や塾で使っているテキスト等、どんな教材でも生徒側で指定することが出来るので、日頃、勉強しているなかで分からないところを教えてもらうといった使い方をするのに適している。家庭教師を務めるのは学力テストや指導力テストをクリアした大学生、元学校教師、予備校講師なのでレベルが高い。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ