個別指導塾の賢い使い方:個別指導と集団授業を併用する

個別指導塾は目的によって、色々な活用パターンがあります。漠然と塾から言われるままに通っている親御さんが多いのですが、やり方次第でお金と時間を節約して効果的に学ばせることも可能です。

 

個別指導塾

 

このページでは、知っておいて損がない個別指導塾の活用法をお伝えします。

 

苦手科目だけ受講する

5科目全部を受講するのではなく、苦手科目だけ受講させるというやりかたです。得意科目に関しては、独学で勉強することが出来る子供に有効なやりかたです。

 

個別指導と集団授業を併用する

苦手科目については個別指導でつきっきりで教えてもらう、得意科目については集団授業で学ぶというふうに科目によって分けるというやりかたです。

 

個別指導と集団授業だと、月謝が2倍以上の差になることも珍しくないので、教育費の負担を少なくするには良いやりかたです。

 

集団授業のメリット

ここで補足ですが、集団授業と個別指導を比較すると、1対1で教えてもらえる個別指導のほうが良いと思いがちです。これは決して間違いではないのですが、集団授業には個別指導にはない大きなメリットが一つあります。

 

それは、周りに刺激を受けることで学習意欲が高まりやすいということです。

 

人間はライバル心がある動物です。これは子供も一緒で、成績で負けたくない、友達が頑張っているのだから、自分もやるという気持ちが起きるものです。

 

集団授業だと、同じクラスにライバルが出来て、お互いに切磋琢磨することが出来ます。これは個別指導では期待出来ないことですが、意欲ほど大切なものはないので、すごく重要なことです。

 

ただし、これは逆パターンもあり、同じクラスの子供達がやる気がないと、一緒になってサボるようになってしまうので、事前に塾の雰囲気を確認しておくべきです。子供達がみんな熱心に勉強しているところであれば問題なしです。

 

個別指導にありがちのデメリット

もう一つ、集団授業には個別指導にはないメリットがあります。それは使用する教材の質が高いことです。長年にわたり、多数の生徒を指導してきているため、教えるためのノウハウが蓄積されており、それを反映して良質の教材となっているところが少なくありません。

 

個別指導だと、生徒個人の特性に合わせて教える内容が変わるため、ノウハウの蓄積がうまくいかず、最終的に講師任せとなっているところが少なくありません。

 

最近では、この点を解消して、レベルの高い教材を用意している個別指導塾がチラホラ出てきていますが、まだまだ少数派です。

 

そのため、個別指導を選択する時には、塾の選択が重要です。教え方がしっかりしているところを選びましょう。『どんなふうに教えるんですか?』という質問に対して、キチンと納得出来る回答をしてくれるところでないと厳しいです。

 

 

当サイト管理人『ぽくぽく』がオススメする家庭教師派遣センター

当サイトの管理人がオススメする家庭教師をご紹介します。私自身、家庭教師や塾講師として子供を教えてきた経験を踏まえて、最も学習効果が高いと感じた業者をリストアップしています。

 

  • 家庭教師のデスクスタイル

    家庭教師のデスクスタイル

    学力が劣る生徒、学校の勉強についていけない生徒を指導することが多いため、勉強が苦手な生徒を伸ばすためのやりかたに熟知している。子供に勉強する習慣を身につけさせたいというご家庭にオススメ。

  • 家庭教師のガンバ

    家庭教師のガンバ 通常の指導以外にも毎日、電話やFAXで質問することが出来たり、模擬テストや夏期講習を行うなど、サポート体制が充実している。塾と家庭教師の良いとこ取りが出来る。

  • 家庭教師のノーバス

    家庭教師のノーバス

    。学校の教科書、予備校や塾で使っているテキスト等、どんな教材でも生徒側で指定することが出来るので、日頃、勉強しているなかで分からないところを教えてもらうといった使い方をするのに適している。家庭教師を務めるのは学力テストや指導力テストをクリアした大学生、元学校教師、予備校講師なのでレベルが高い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ