こんな家庭教師であれば、間違いなく成績があがる

家庭教師を依頼するとなると、気になるのが『どんな先生がいいのか?』ということでしょう。

 

言い方は悪いのですが、能力のない先生に勉強を見てもらっても意味はありません。月謝を払うのですから、優秀な先生にお願いしたいところです。

 

家庭教師の選び方 

 

ただ、ここで問題となってくるのが見極め方。

 

教師経験のある人であれば、教えている様子を一目みるだけで質を見極めることも可能ですが、そんなことは一般人には無理です。

 

では、どうすればいいのか? どんな家庭教師に、自分の子供をゆだねればいいのか?

 

色々な考え方がありますが、私はシンプルな基準を持っています。

 

それは『子供の学習意欲を高めることが出来る人が優れた家庭教師』という基準です。

 

勉強は継続すれば、必ず出来るようになるもの

それは、私のなかに勉強というのは続けていけば、必ず一定水準にたどり着けるものという考えがあるからです。

 

これは家庭教師として子供を教えてきた経験、自分自身が勉強してきた経験から感じることです。

 

たとえば、私自身の経験でいえば、中学校の時、一番苦手な教科が英語でした。中学2年生の秋ぐらいになっても『This is a pen.』は理解出来たとしても、それを疑問形にすることは出来ませんでした。

 

『Is this a pen?』とひっくり返すだけでいいのですが・・・

 

でも、高校受験、大学受験と英語は必須なので、地道に勉強を続けました。最初は殆ど丸暗記に近い力任せの勉強法でした。

 

そして、大学合格後も英語が出来るようになりたいと思い、勉強を続けたのですが、そんなことを10年近く続けたら、TOEICという英語試験で800というスコアを取得することが出来た。

 

日本の企業だったら、どこでも評価してもらえる点数ですし、実際、私はアメリカの大学院に留学することも出来ました。

 

でも、中学校の時は、相当なレベルでダメでした。学校一出来なかったのですが、それでも努力を続けることで、実力を高めることが出来ました。

 

自分自身が、こういった経験をしているので、子供を教える時にも、その子の成績がどんなに悪くても、勉強する習慣さえつければ、必ず上がっていくと確信しています。

 

それで、その子が自分から勉強する気になることを最優先したのですが、そうやって自主的に取り組めるようになった子は、学力がアップしました。

 

なかには学校でトップクラスになった子もいましたし、そこまでいかなくても大半の子は平均レベルにはなりました。

 

子供が楽しく勉強が出来ていれば、その家庭教師で続けるべき

勉強というのは、なんだかんだいって自分自身です。

 

特に家庭教師の場合、週1~2回教わるぐらいですから、それ以外に子供が独学で勉強する時間がなければ、学力はアップしません。自分で勉強するという習慣をつけることが本当に重要です。

 

だからこそ、学習意欲を持つことが出来れば、それだけで大きな成果です。そういったことが出来る家庭教師というのは、あなたのお子さんにとって貴重な存在です。

 

そういった人と出会ったら、可能な限り継続して指導をお願いすべきです。

 

ちなみに、『それだけだと、教える能力があるかどうか不安』と感じる人もいるかもしれませんが、その点は心配無用です。

 

教えることが下手だったら、子供がやる気になることはないので、学習意欲が高まったという時点で、その家庭教師の教え方が優秀な証拠です。安心して大丈夫です。

 

最後に注意点としては、家庭教師と子供の関係というのは、最終的に相性の問題となります。優秀で評判な人でも、あなたのお子さんとは合わないという可能性も十分にあります。

 

家庭教師を見極める時には、最終的にあなたのお子さんの意見を判断材料にしてください。単純に、子供が『この人で続けたい』と思うのが優秀な家庭教師です。子供が嫌だと言っているのであれば、躊躇することなく変更を依頼してください。無理強いさせることはNGです。

 

 

当サイト管理人『ぽくぽく』がオススメする家庭教師派遣センター

当サイトの管理人がオススメする家庭教師をご紹介します。私自身、家庭教師や塾講師として子供を教えてきた経験を踏まえて、最も学習効果が高いと感じた業者をリストアップしています。

 

  • 家庭教師のデスクスタイル

    家庭教師のデスクスタイル

    学力が劣る生徒、学校の勉強についていけない生徒を指導することが多いため、勉強が苦手な生徒を伸ばすためのやりかたに熟知している。子供に勉強する習慣を身につけさせたいというご家庭にオススメ。

  • 家庭教師のガンバ

    家庭教師のガンバ 通常の指導以外にも毎日、電話やFAXで質問することが出来たり、模擬テストや夏期講習を行うなど、サポート体制が充実している。塾と家庭教師の良いとこ取りが出来る。

  • 家庭教師のノーバス

    家庭教師のノーバス

    。学校の教科書、予備校や塾で使っているテキスト等、どんな教材でも生徒側で指定することが出来るので、日頃、勉強しているなかで分からないところを教えてもらうといった使い方をするのに適している。家庭教師を務めるのは学力テストや指導力テストをクリアした大学生、元学校教師、予備校講師なのでレベルが高い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ