無理強いさせたら、家庭教師も塾も予備校も全部意味がない

子供の教育という点で一番重要なことは、無理強いをさせないということです。幾ら親が『勉強しろ!』とせき立てても、本人がヤル気にならなければムダです。塾に通わせても、家庭教師をつけてもムダです。

 

そして問題なのは、大半の親がここで間違った対応をするということです。子供が勉強しない時、親は強制しようとしますが、押せば押すほど、逆に子供の拒否反応も強くなります。完全な悪循環であり、これを止めない限り、何をやってもムダです。

 

家庭教師

 

そして、これが重要なことですが、子供も勉強の大切さは分かっています。やらなくてもいいやと本気で考えている子ってそうはいません。分かっていても、なかなか取り組めない。そんな自分を責めているものです。

 

これって、自分にプレッシャーを与えて追い込んでいることになりますが、これが意欲をそぐことにつながります。このメカニズムを理解して、プレッシャーをなくすようにサポートしてあげるのが、親のやるべきことです。

 

子供により強いプレッシャーを与えるというのは最低の行為であり、百害あって一利なしです。

 

家庭教師のアルバイトで痛感した一つの体験

私は昔、アルバイトで家庭教師をしていました。家庭教師を依頼する家庭には二つのパターンがあります。一つ目はとびきり優秀なため、専任教師をつけて徹底的に内容の濃い勉強をさせるというパターン、もう一つは学校の授業にサッパリついていけず、それでリカバリーしようと思い学習塾に行ったけど、そこでもダメで、最後の頼みの綱で家庭教師を依頼したというパターンです。

 

私は後者のタイプの冷たい言い方をすれば、いわゆる落ちこぼれの生徒を担当することが多かったのですが、彼らには共通する特徴がありました。これは例外なく100%そうだったことなのですが、それは本人が自信をなくしているということ。

 

そして、親が無意識に、子供に自信をなくさせるような行動を取っているということです。

 

いきなり家庭教師がきたとしても、子供はそう簡単に勉強する気にはなりません。嫌々感が満載です(;^_^

 

ただ、勉強で落ちこぼれてしまった子って、優しくて真面目な子が多いので、先生となると素直に言うことを聞こうとします。

 

それで、私は最初のうちは、あまり勉強させることはせず、自信をつけさせることに専念しました。具体的には、簡単な問題から解かせていって、解けるたびに『ここはキチンと覚えているね』、『ここは大丈夫だね』と褒めてあげるようにしました。

 

あまり大げさに褒めると、バカにされていると感じるかもしれないので、軽い感じで褒めることを意識しました。

 

少し進むと、分からなくなってしまいますが、ゆっくり丁寧に一緒に解いていって、少しずつ分かるところを増やしていきました。

 

そうすると、本人も『自分に出来る』と思い始めて、だんだん取り組む姿勢が変わってきます。そうなれば、勉強のスピードもアップするし、テストの成績があがるなど目に見える形の成果も現れてきます。

 

変な話、元が低いため、成績をあげるのは簡単です^^

 

でも、本人にしてみたら大きなことです。

 

そして、さらに大きかったことが親の我が子を見る目が変わったことです。

 

私が家庭教師を始めた頃には、『ウチの子は本当にダメで・・・』、『頭が悪くて・・・』といった言葉ばかりを口にします。謙遜も入っているのでしょうが、他人の前でそんなことを言われたら、子供も嫌になります。これが学習意欲をそいでいるのは間違いありませんでした。

 

でも、子供の姿勢が変わり、成績も上がってくると、親は喜び、子供を褒めるようになります。

 

そうすると、親に認められて嬉しかったのか、ますます勉強に取り組むようになり、最終的には、自分から自発的に勉強する子になりました。

 

親からの信頼が出発点

子供にとってみたら、やっぱり親から褒められる、認められるのが一番嬉しいんです。逆にいえば、親からダメ出しされることほど辛いことはありません。

 

我が子に勉強で良い結果を残させたいのであれば、まず親が信頼することです。これが全ての出発点です。

 

どこの塾にすればいいのか、どんな家庭教師にお願いすればいいのかといったようなことは、その次です。

 

親バカなぐらい、嫌みなぐらい自分の子供を褒めてください。それがあってこそ、勉強も活きてきます。塾や家庭教師にかける教育費をムダにしないためにも、親としての心構えを整えることが大切です。

 

 

当サイト管理人『ぽくぽく』がオススメする家庭教師派遣センター

当サイトの管理人がオススメする家庭教師をご紹介します。私自身、家庭教師や塾講師として子供を教えてきた経験を踏まえて、最も学習効果が高いと感じた業者をリストアップしています。

 

  • 家庭教師のデスクスタイル

    家庭教師のデスクスタイル

    学力が劣る生徒、学校の勉強についていけない生徒を指導することが多いため、勉強が苦手な生徒を伸ばすためのやりかたに熟知している。子供に勉強する習慣を身につけさせたいというご家庭にオススメ。

  • 家庭教師のガンバ

    家庭教師のガンバ 通常の指導以外にも毎日、電話やFAXで質問することが出来たり、模擬テストや夏期講習を行うなど、サポート体制が充実している。塾と家庭教師の良いとこ取りが出来る。

  • 家庭教師のノーバス

    家庭教師のノーバス

    。学校の教科書、予備校や塾で使っているテキスト等、どんな教材でも生徒側で指定することが出来るので、日頃、勉強しているなかで分からないところを教えてもらうといった使い方をするのに適している。家庭教師を務めるのは学力テストや指導力テストをクリアした大学生、元学校教師、予備校講師なのでレベルが高い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ